COLUM

選手指導の難しさ【競技ダンス指導者 九州】

選手指導の難しさ【競技ダンス指導者 九州】

後進指導に関わり、はや20年

 

皆様こんにちは

自称!日本一身体の硬い振付師☆楡田です。

僕が後進育成に携わってから、はや20年くらいになります。

慕ってくれる子達がいて嬉しい一方で

指導者を取り巻く環境の変化により

指導を難しく(窮屈に)させています。

その最たる理由が

経験のない人たちまで環境についての議論で

机上の『正論』を振りかざしてくる時代だからです。 

 

振付させていただきました

【ノース天神 様 オリジナルソング振付 福岡市中央区天神】



振付構成に携わりました
【今話題沸騰中!!鹿児島実業男子新体操部出演の鹿児島市PV】 



【↓↓↓↓↓↓ CMに出演しました ↓↓↓↓↓↓】
丸永製菓「あいすまんじゅう」
やずや「雪待ちにんにく卵黄 プレミアム」


外野はきれいごとで、、、

 

さて、最近では夏の甲子園の時期になると

ピッチャーの球数制限や炎天下での試合について

必ず論争になりますよね。

ピッチャーの球数制限には、おおかた賛成です。

現に僕も小学生の頃ピッチャー(ソフトボール)で

一日に5試合(300球位)投げていましたから、、、

おかげで2度肘を壊しました。

試合(主には勝利)の為に、

子供達の身体を壊す事はあってはいけないです。

逆に、炎天下での試合については、あまり問題はないかと考えます。

普段から鍛えている選手が

試合のときに大変かというとそうじゃないはずです。

実際に僕も、試合のときの方が(体力的には)圧倒的に楽でした。

練習のときは、何時間もぶっ続けて炎天下の中にいるのですから

15分くらいでベンチを行ったり来たりするのは楽ですよね。

しかし、試合日程には問題があります。

疲労が蓄積すると思わぬ怪我や病気になる事もありますから。 

 

根性論は、、、

 

根性論は、必ず対立するワードですよね。

一応、野球やダンスの選手経験も長いので実体験から、、、

根性論は必須です。

僕は野球の時代に2度肘を壊しました。

一方で、ダンスでは殆ど怪我無く過ごせました。

怪我無く過ごせた一方で、

追い込み方が足りなかったのではないかという

不完全燃焼的な思いは今でも強く残ります。

選手時代を経て、お陰様で指導者の実績もあがってきています。

僕の指導カラーは、現代版根性論です。

ベースは、科学的な見地からレッスンを組み立てていますが

最終的には、常に根性論に結びつけています。

教え子達は、全国レベルの試合でも結果を残せるようになりました。

しかし、最も大切な事はそのスポーツから

一体何を学んだか?ではないかと思っています。

その為に必要な適切な根性論とでも言いましょうか、、、

 

●●●お問い合わせなど ●●●

【イベント講師派遣】
【お問い合わせ(092−721−4346(平日12時〜22時))】
http://www.dance-my-life.com/contact.html
http://www.dance-my-life.com/school.html[w-BPptQP5pY]%%


デヴィ夫人、柔道の篠原さんと共演させていただきました(六本木で記者発表の模様)


田川郡川崎町のPV振付担当しました(出演 小梅太夫 歌 ダイノジ大地 作詞 樋口太陽)

| 一覧へ |

一覧へ戻る

 カテゴリ

 最新記事

 アーカイブ

社交ダンスで人生を豊かにするプロ、楡田利克プロはコラムニスト!専門家としてのノウハウが満載のコラムです。

社交ダンスで人生を豊かにするプロ、楡田利克プロ/DANCE.舞LIFEがコラムを執筆。専門性を披露しています。 コラムには、福岡市中央区で活躍する社交ダンスで人生を豊かにするプロ、楡田利克が教えるお役立ち情報などが目白押し。くらしやビジネスで使えるヒントをコラムを通してお伝えします。

CM振付・講師依頼・ショーの依頼等承ります!!詳しくはコチラから